査証種類 入国回数 旅券残存期限 査証滞在日数 査証有効期限 普通申請
(1日間)
観光(ETAS) 何回でも可 帰国時まで有効 3ヶ月以内 1年間*1 \1,500
商用(ETAS) 1次 帰国時まで有効 3ヶ月以内 1年間*1 \1,500
観光(3ヶ月) 数次 お問合せ下さい。 お問合せ下さい。 お問合せ下さい。 \10,000
短期商用(3ヶ月) 数次 お問合せ下さい。 お問合せ下さい。 お問合せ下さい。 \10,000
 
■取得日数:1日間 (日本の土・日祝祭日と領事館の休館日を除いた日数となります。)
■管  轄 :なし
■ビザオンリー:  ビザのみの場合上記料金に\1,000UPとなります。
■外国籍の方は、お問合せ下さい。
■キャンセルされる際、大使館申請済身の場合は100%の取消し料を申し受けます。
■*1  1年間もしくは旅券残存期間のどちらか短い方適応
■*2  申請期間は約3週間となります。
■査証欄余白が3ページ以上必要です。
 
ETAS対象国リスト
日本 香港(SAR) マレーシア ギリシャ
韓国 アイスランド モナコ スウェーデン
アンドラ アイルランド オランダ スイス
オーストリア イタリア ノルウェー アメリカ
ベルギー ルクセンブルグ ポルトガル カナダ
ブルネイ ドイツ シンガポール デンマーク
ヴァチカン フランス スペイン フィンランド
台湾*1 英国*2 リヒテンシュタイン  
 
*1台湾内のみ取得可
*2:British National Overseas と表記された英国パスポート所持者は 香港内のみ取得可
 

ETASの申請条件
 
このとても便利なETASにも、申請には条件があります。ただ、通常であればどなたでもクリアできる条件ですから、ご安心下さい。
 
  条件
パスポート ETA対象国籍のパスポート所持者
訪問目的 観光、親族訪問、ビジネスミーティング、会議、展示会又は高度な技能を必要とする短期間のプロジェクト又はイベント従事者
滞在期間 3ヵ月を超える滞在でないこと
犯罪歴 健康であり、犯罪歴がないこと
就労について オーストラリアでは就労しないこと
 

ETASの種類
 
ETASには観光、短期商用(数次許可)、短期商用(一次許可)の3種類用意され、渡航目的により取得できます。
 
ETASの種類 条件
観光用ETAS パスポートの有効期間、または1年間の短い方まで有効で、この間何度でも入国できます。最長滞在期間は3ヶ月まで。
短期商用ETAS* 数次許可
パスポートの有効期間まで有効です。この間数次何度でも入国できます。 最長滞在期間は3ヶ月まで。
一次許可
パスポートの有効期間、または1年間有効です。但し1回限りの入国で失効します。 最長滞在期間は3ヶ月まで。
 
*「短期商用ETASなら、商用なので現地で働けますか?」というご質問をいただくことがありますが、あくまで"商談、会合、大会、会議、または高度なスキルを要する短期プロジェクトが目的"であり、現地企業で働くことはできません。現地での就労が確認された場合、ETASが失効される可能性もありますから、ご注意ください。
 
必要書類 ビザのタイプ パスポート
観光(ETAS) 数次 顔写真面1枚
商用(ETAS) 1次
 
弊社旅行業約款(渡航手継続代行契約の部)をご覧下さい
※当ページに記載の情報は予告なく変更されることがあります
 

Copyright (C) 2005 Happy World Corporation. All Rights Reserved